Home

マタニティウェアは何かと便利

洋服選び昔はマタニティウェアといえばジャンパースカートやワンピースなど、いかにも妊婦さんといわんばかりの服ばかりでした。しかし、最近はおなかを含めたボディラインが綺麗に見えるものや、おしゃれでかわいいファッションが増えています。

もちろん既存の服でも妊婦生活を乗り切ることはできますが、授乳期や産後の体系変化のことも踏まえると買っておいた方が便利かもしれません。

妊娠5ヶ月目くらいまでは今までの服を問題なく着ることはできますが、妊娠後期になると急におなかが出てくるため、ウエストに余裕がなくなります。前に突き出たお腹で普通のトップスを着ると、丈のバランスが悪くなります。マタニティウェアは突き出たお腹のことも考慮して作られているので、見た目のバランスもよくおしゃれに着こなすことができます。

また、ゆとりのない服を着ていると体中がしめつけられてしまいリラックスできません。おなかの赤ちゃんのためにも、母体がリラックスして過ごすことはとても重要です。どうせ長く使うなら、早い段階で購入したほうが長く楽しめます。

なお、妊娠後期になると外出しにくくなるため、自由に行動ができる妊娠初期~中期に用意しておくことをお勧めします。

マタニティインナーの必要性

マタニティインナー妊娠すると、女性の体は劇的な変化をとげます。その変化は、単にお腹が大きくなるだけではありません。

出産後に備えて母乳を作る乳腺も妊娠の初期から少しずつ変化していきますし、それにともなってバストだけではなく腋から腰までのサイズも変わってきます。マタニティインナーは、このような妊婦さんの体の変化に合わせて赤ちゃんと母体を保護したり美しいスタイルを保てるようなつくりになっている下着です。

妊娠がわかった時にはまだお腹も全くと言っていいほどと目立ちませんし、いつもの下着で大丈夫と想う人が多いようです。しかし、初期の辛いつわりの原因が実は今までのブラジャーの締め付けにあるというケースも少なくありません。

また妊娠中はホルモンのバランスが大きく変化します。肌の状態もとてもデリケートになっている人が多く、今までトラブルなく使っていた下着のゴム部分などが刺激になってかゆみや赤みを起こしてしまうこともあります。

マタニティ用のインナーは、体を締め付けたり刺激しない素材が使われていますし、どんどん大きくなるバストやお原を優しく包み込み冷えや不安定感から守ってくれます。

お腹やバストが大きくなってからではなく、妊娠がわかった時からマタニティインナーを取り入れれば快適なマタニティライフを過ごすことができます。

更新情報

2014/10/21
腹帯
2014/10/17
妊娠線予防クリーム
2014/10/14
抱き枕
2014/10/10
マタニティボトムス
2014/10/7
布ナプキン